子供向け動画で再生回数アップを目指して、まず気を付けること

Youtubeを筆頭に、近年動画投稿サイトでの子供向けの動画の需要は高まってきているようです。新規でこれからチャンネルを作りたいという人にも、まだまだ可能性のあるジャンルだと言われています。
そこで今回は、キッズ向け動画を制作するためのポイントを紹介してみたいと思います。ちょっとでも何か参考になればと思います。

ポイントを見ていく前に、キッズ向けの動画作りをするにあたってまず初めに留意しなければいけないことがあります。
それは、どういったコンテンツが子供向けであるのかということを、子供目線で見ると同時に大人目線、つまり保護者目線でも考えてみなければならないことです。まずはルールに則った動画作り、チャンネル作りが何よりも重要です。
視聴者側が、子供が見る用にさまざまな設定をしたり、Youtube Kidsのような子供向けアプリを利用していても、子供が見るには不適切な、危険な動画や悪質な動画も多いのが実情です。そういった状況を改善するべく規制も厳しくなっています。
規制に引っかかるかもしれないギリギリのものを載せるのもやめましょう。後々のことを考え、長く見てもらえる動画にするためにも、とにかく内容には注意が必要です。子供が見るものだということを念頭に置いて、規約違反にならないよう、細心の注意を払いましょう。
子供向け動画を制作するのに特に向いている人は、子供が好きな人や子供と遊ぶのが上手な人、子供の感性を理解している人でしょう。

おすすめリンク

まずはじめに子供向け動画を作るにあたって

いろいろと規制が厳しい子供向け動画ですが、どんなことに気を付けて作れば良いのかは注意が必要です。安心して見れる、見せられる動画にすることがまずは大事です。 これは不適切かもしれない、というグレーな動画ではなく、著作権や商標権などにも留意しオリジナルな動画を目指しましょう。

構図から音声まで、基本だけは意識する

撮影から編集まで、一つの動画の中には色々とこだわれる演出の要素があります。構図はどうするか、カット割りは、音声や効果音は、字幕は、最低でもこの辺りをシンプルに一通り意識して作ってみるだけで、全体的に統一感が生まれ安定した作りだと、自然と感じさせる動画にすることができるでしょう。

演出や編集のポイント

伝わりやすいことも大事です。サムネイルの画像や紹介文も、そこに注意してデザインしてみましょう。 安定感のある作りが見やすい動画に繋がり、見やすい動画にすることが再生回数を上げることに繋がります。詰め込み過ぎな疲れる動画にしないためにも、編集ポイント、演出ポイントを見極めて見やすい動画を作りましょう。